なぜみんなジェネリックED治療薬に移行するのか!?
ジェネリックED治療薬ボタン

バリフの正しい飲み方について

バリフは勃起不全に対して素晴らしい効果を発揮してくれる医薬品ですが、
正しい使い方をしないと、その効果を100%引き出すことができません。

はじめてバリフを使用するのであれば、効果の検証をするのがおすすめです。

管理人は数々のED治療薬を試した経験がありますが、
バリフは1錠の半分、10mgからの使用が勧められています。

バリフの正しい飲み方について

>>メーカー純正品バリフ<<

でも、バリフは1錠20mgでの販売となっています。

レビトラは5mg、10mg、20mgと容量の異なる製品が存在しますが、
レビトラジェネリックのバリフは20mgのものしかありません。

ですが、ピルカッターなどを使って半分にすることで、
10mg分として利用することができるのです。

これで、レビトラ10mgと内容は同じになりますよね。

しかも、コストで考えると、1錠あたり100円以下になります。

レビトラと比較すると、その差は大きな節約になることがわかるでしょう。

もちろん、効果を確認しながら、バリフを20mg服用することで、
勃起不全の改善をより一層強くすることができるでしょう。

安全面ではバリフ20mgを服用しても問題無いと言われています。

ただ、効果は10mgでも十分とされているので、管理人は検証することをおすめするのです。

管理人は半錠で十分に効果を感じています。

■バリフを飲むタイミング

バリフを飲むタイミングは、性行為を行う約1時間前がちょうど良い時間です。

ただ、早ければ20分ほどで効果が出る場合があります。

つまり、バリフの効果には個人差が関係するのです。

バリフを飲む時の注意点として、
一日に服用するのは一回だけとして、
服用する間隔は24時間以上あけるようにしましょう。

これよりも短い間隔でバリフを飲んでしまうと、副作用が強く生じてしまう危険性があります。

勃起力を取り戻すためにどうしてもバリフを飲みたいのはわかりますよ。

でも、それによって体に負担をかけてはいけません。

安全な範囲でバリフを使ってこそ、性行為を楽しめるようになるのです。

■持病がある場合のバリフの服用

何らかの持病を持っている場合の注意事項として、
脳卒中や心臓病などにかかっている方は、
性行為自体を禁止されていることがあります。

それは、過度な血圧の変化を避けるためなのです。

血圧の急激な変化によって、命に関わるかもしれないのでしょうね。

そのような方は絶対にバリフを飲んではいけません。

まずは病気を治すことに専念してください。

血圧に異常のある方は、バリフを飲むことで悪影響が出る可能性があるかもしれません。

性行為は体にかける負担が大きく、バリフを飲むと危険性が増すことがあるのです。

ですから、持病がある場合には、バリフを服用しても良いかの判断を、
医師に相談するのがおすすめとなります。

薬の治療で上手にコントロールできていれば、バリフの使用も禁止とはならないこともあります。

でも、このような判断は素人が行うのではなく、かかりつけの医師に判断を仰ぐべきです。

安全に利用してこそ魅力を感じるED治療薬。

使い方にリスクが伴わないようにするためにも、
バリフの使用については十分検討くださいね。

ただ、バリフの威力は管理人も納得の効果で、勃起に満足できない方にはおすすめです。

>>バリフ飲み方<<

なぜみんなジェネリックED治療薬に移行するのか!?
↓↓↓

ジェネリックED治療薬ボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す